ゆるかわ日記

ゆるやかに暮らすアラフィフ主婦のブログ~現在親の介護中ですが自分の生活も楽しみたい~チベット体操と楽しい妄想が日課です♪

毎月のスケジュール帳に願いを書いて理想の生活を手に入れよう

 

 

2月に入りました。節分そして立春。暦の上ではもう春ですね。

 

2019年に入りすでに1か月が経ちました。

新年迎えた時まずやったことといえば手帳にあれこれ書く事です。

私は書く事には深い意味があると思っているので新年早々書きました

この1年どう過ごすのか。 

やりたいこと 欲しいもの 行きたい所 今年はこんな感じがいいな・・・

あれこれ書いてると色々とイメージも湧いてきます。

f:id:yurukawa:20190202224203j:plain

今私が使ってる手帳これです ↑ 

手帳の使い方 

の黒猫柄ノートは感謝したいこと 良かったことを書くノートとして使っています。時々腹立ったこと 今の気持ちなども書いたりして本音ノートになっていますから他人には見せられないノートですね(笑) 

もやもやした気持ちをを抑えられないときにの黒猫柄ノートが登場します! 

感情は抑えずにちゃんと吐き出しその感情を自分で受け止めてあげれば、自分が安心(納得)出来るのでもやもやした感情が出てくることは減ってきます。

 

 

の水色花柄の手帳は毎月のスケジュールを書きます。まずTO DO LIST自分と家族の予定を書きます。そして家のちょっとした行事や雑用なども書きます。 

あとは私流の使い方ですがどんな風に過ごしたいか?とかどんな自分でありたいか?などを書いています。余白の部分どこにでも書くのです。

いろいろと自由な発想で。

あとは具体的にやりたい行きたいetcも書き出します。 

ちなみに今月のページには「チベット体操15回やる」と書きました。

 

 

ちなみにこの手帳は100均セリアのものです。  

かわいくて使いやすくて安いので、気にせず何でもガンガン書けます。

100均はセリアもダイソーも可愛い手帳が揃ってますよね。

 

書くことで自分の気持ちを整理出来ると思う

書いている時間はとても楽しくきっと心はどこか行っちゃっていると思います。

集中できているということです。

f:id:yurukawa:20190203012142j:plain

特に昨年くらいから手帳に細かく具体的に明確に書くようになってから、

私の生活(現実)も不思議とそのようになってきているから、

書く効果ってほんと凄いと思います。

  

私が大好きな 秋山まりあさんは書く事を推奨してみえます。

気になる方はまりあさんのブログや本を是非読んでみて下さいね。 

  

私はもともと昔からノートに書くのが好きで書いてたことが現実になったという

経験をしました。 

   

普段あまり手帳に書く習慣がないという方は、騙されたと思って是非やってみていただきたいと思います。

毎月書くことで切り替えが出来る

月が変わることでそれまでしていたことをしなくなったり、

反対に新しいことを始めたりということはよくあることだと思います。 

今月から、出来なかった事を新たにやってみようとか

ずっとやっていたことを辞めてみようとかetc

 

昨日が今日になっただけなのに、月が変わっただけで、

物事を大きく変えられるような気持ちにもなります。 

何かの節目ということを上手く活用すれば、

マンネリ化した気持ちもすっきりと切り替えられるかもしれません。

  

習慣としてスケジュール表とか手帳を書いている人は非常に多いと思います。

私にとっても、月初めの手帳の記入は欠かせないお決まり行事になっています。

 

前月のやることリストの中の1つ1つが終わったら(済んだら)消していきます。

終わってなかったら今月のリストの方にまた書くという風にしています。

 

もしノートが無くなったら、すぐ使えるように新しいノートはいつもストックしておきたいですね。

気軽に書きたいので私の場合は安いノートで十分です。

手帳に書いていた通りになった

私は手帳にドラマか映画の主人公かというくらいに理想の暮らしを作り上げて書いています。 まさに妄想です。

昨年よく書いていたのがは

働き方を変える。

本当にやりたいことを仕事にする。

両親との時間を大切にする。etc  

実際はもう少し具体的なんですが1年近く前からしつこいくらいにノートに書いていました。

 

すると思わぬ形で突然生活が変わったのです。

昨年末に突然会社を辞めることになり、要介護になった両親と一緒に暮らすことになりました。

これは一見ネガティブな事にも感じられるのですが、目線を変えてみると前からやってみたいと思っていたことを今やれているということにもなります。

 

「ああ、手帳に書いていたからだなあ」と後になってわかりました。

先月から私が試していることは、『月末に自分が何と言っているか(言いたいか)を想像して書く』ということです。

 

(例) もし達成したい何かがあるとしたら 

「まさか自分がこんなに〇〇をやれるとは思わなかった。

嬉しい!ほっとした!etc 〇〇さんのおかげ、ありがとう。」

既にそうなっているように想像して書いてみます。

セリフです。

もし、わくわくした気持ちになってきたならバッチリだと思っています。

 

出来ないことの心配をする時間よりもなりたいことのイメージをする時間を増やしていったら生活(人生)がどんどん楽しくなると思うのです。

毎月のスケジュール帳がそんな風に活用できると面白いと思います。

 

 

気になった方は是非「手帳に書く」を試してみていただきたいと思います。

お読み下さり ありがとうございました。