ゆるかわ日記

ゆるやかに暮らすアラフィフ主婦のブログ~現在親の介護中ですが自分の生活も楽しみたい~チベット体操と楽しい妄想が日課です♪

恐るべしインフルエンザの猛威と驚異の感染力から逃れられるのか

 

 


こんにちは ゆるかわ☆です。

  

昨日1月20日から大寒です。

暦の上では一年で一番寒い時ということですけど、

その通りやっぱり寒いです😢

 

 

今の時期、空気が乾燥しているので喉がカラカラになりやすいです。

インフルエンザウイルスは、この季節の乾燥した空気が大好きだそうで、

今まさにインフルエンザが大暴れしています。

ここ数日テレビでは、インフルエンザの話題ばかりです。

 

 

私が住んでいる地方は12月下旬から、

今もずっとインフルエンザ警報が出ています。

 

 

現在、私は母と住んでいます。

父が入院中であり、病院には頻繁に出入りします。

病院で変な菌を拾いたくないし、自分たちが病院に変な菌を持ち込んでもいけません。

 

病院の玄関や、各病室の入り口に備え付けられている消毒は、

遠慮なく使わせてもらっています。

 

毎日毎日それはそれは気を遣っています。

人が集まる所、どこへ行くにもマスクを欠かしたことはありません。

私は、ふだんから割とマスク着用派ですから全く苦にはならないのですが、

母には、マスクを無理やりにでも着用してもらっています。

f:id:yurukawa:20190612203734p:plain

 

毎年この時期になると、インフルエンザには恐れを抱く人が多いと思います。

 

ありがたいことに、私はもうかれこれ

10年以上はインフルエンザにかかっていません。

子供の時と若い頃に1回やったかな?という記憶しかありません。

根拠はないですが(笑)いつも自分は大丈夫な気がします。

 

 

だから大丈夫だろう😊と安心しきっていました。

 

 

ところが!

先週のことです。

娘の成人式のため、私は実家から自宅に戻ろうと準備をしていました。

成人式に出る娘からLINEが入ります。

 

娘『きのうから姉と兄がインフルエンザでダウン』

娘『お母さん気をつけてね』

えーー!!

 

私『まじか』

私『大丈夫?熱は高いの?医者は?』

私『あなたは大丈夫?』

 

長女と長男が2人揃ってインフルエンザにかかったとのことです。

成人式前だというのになんという事でしょう。

 

実家から久しぶりに自宅へ戻ろうとしていた私はちょっとショックです。

インフルエンザウイルスがあふれる我が家へ帰りたいけど恐ろしい。

帰りたい・・けど帰りたくない。

 

 

久しぶりの我が家で成人式後は家族みんなで御馳走とお酒で

お祝いしようと楽しみにしていたのに😢それどころではないようです。

 

さらに翌日、またLINEが来ました。

娘『父もインフルエンザでダウン』

私『えーー!』

 

今度は夫までも、インフルエンザに感染してしまいました。

驚異の感染力です。

 

成人式を控える娘は大丈夫とのことです。私も娘の無事を祈りました。

 

そしてインフルエンザウイルスのある我が家に帰るために気合しかないと心の中で叫びました。

アニマル浜口さんになりきります

 

それにしても、インフルエンザの感染力は凄いです。

時系列でいいますと、

火曜日⇒長女・夜から喉の痛みあり

水曜日⇒長女・職場で仕事中体調不良になり帰宅後高熱で倒れこみ長男が長女を介抱。

木曜日⇒長女・ドクター受診⇒インフルエンザA型と診断。

木曜日⇒長男・突然の高熱、夫が長男を病院へ連れて行く⇒インフルエンザA型診断。

金曜日⇒夫・発熱⇒自力で受診⇒インフルエンザA型診断。

かわいそうな夫。自力運転、受診。

 

長女がたまたま持ち込んだウイルスが4日間のうちに、広まったのです。

早いのです!

 

怖かったですが、土曜日私は久々の我が家に帰りました。

マスクを二重にしました。

そして食事はおのおのが時間差で摂ることにしました。

さみし~い。

 

 

今回、薬がよく効いたのか長女はもう熱が下がり、

思ったより元気で安心しました。

 

今回我が家の3人が処方された薬はゾフルーザという薬です。 

インフルエンザと言えば、タミフル、リレンザはよく聞く名前です。

ゾフルーザは初めて聞きました。

f:id:yurukawa:20190612225426p:plain

この薬は、昨年(2018)3月に発売された錠剤で1回の服用で済み、ウイルスの増殖が防げるものだそうです。

 

長女、長男、夫は、受診後ゾフルーザをすぐに1錠飲んだそうです。

その後は処方された漢方薬麻黄湯を飲んでいました。 

最近のインフルエンザはこのような処方のようです。

 

我が家の場合は大人3人でしたから、この薬が合ったのかもしれません。

熱が長引くことはなく、ほんとによかったです。

 

二女はセーフでした。 

二女は、「インフルにエンザになったらなったでいいし、

成人式行けなくてもいいし、そこまで執着ないし」と言いました。

ドライです。

 

でも、その通りかもしれませんね。

成人式に執着がなかったから、無事に出席出来たのかもしれません。 

感謝です。

 

 

あれから1週間経ちますが、私は元気です。

ピンピンしています。

 

 「私は大丈夫」と思い込んでることと、二重のマスクは正解でした。

あと、普段から私はマスク派なので風邪は引きにくいです。

 

冬~春は人が集まる所ではマスクは必要ですね。改めて思いました。

 

お読み下さりありがとうございました。