ゆるかわ日記

開き直って要介護の両親と暮らすために実家に住みついているアラフィフ主婦のブログ。子育てを既に終え現在は両親との時間をゆるやかに穏やかに楽しんでいます。

【MIU404】第5~6話ざっとあらすじと感想 志摩=星野源の過去が明らかに

TBSドラマ【MIU404】は、綾野剛と星野源のバディ役がとってもいいです。

 

4機捜では思いのままの発言で周りをヒヤッとさせる伊吹(綾野剛)。

相棒の志摩(星野源)は、伊吹を上手くフォローしながら、少しずつ伊吹の性格もわかってきます。

 

www.yuru-kawa.net

 

5話では伊吹が志摩の過去のよからぬ噂を耳にしますが、さらに6話では志摩の過去が明らかになります。

おもなキャスト


伊吹 藍・・綾野剛

志摩一未・・星野源

機捜の隊長 桔梗ゆづる・・麻生久美子

刑事部長 我孫子豆治・・生瀬勝久

班長 陣馬耕平・・橋本じゅん

九重世人・・岡田健史

桔梗隊長の子供を世話をしている女性  羽野 麦・・黒川智花

  

 

  

【MIU404 第5話 夢の島】

第5話は外国人留学生にスポットを当てたお話でした。

 

ある日の深夜、志摩と伊吹はコンビニ強盗張り込みのために店員の姿に変装してコンビニ店に居ました。

 

f:id:yurukawa:20200810160256p:plain

出典:【公式】『MIU404』

 

 

そこへ、近所の同系列コンビニ店からとってもかわいい女店員ベトナム人のチャン・マイがやってきます。

マイは、商品の在庫がなくなったから少し貰っていくとのこと。

 

 

伊吹は「マイちゃん💛」とマイにモーションをかけますが、

マイは「イブキ ワタシ スキナ オトコ イル イブキ イラナイ」と伊吹を相手にしません。

ほんとうにかわいいんです!マイちゃん👧

伊吹が夢中になるのは無理もないかもしれません。

 

マイが戻ったすぐあとに、強盗が現れました。

志摩と伊吹の連携で犯人を取り押さえて一件落着とおもいきや、車で張り込みの陣馬と九重の元に、他店にも強盗が入ったと連絡が入ります。

 

捜査予告は3:33

 

現金強奪された店は張りこみしていなかった店。

さっき来たベトナム人 マイが働く店でした。

 

SNS上で#GOTO KONBINI の合図で犯行が行われているとわかっており、犯人は全部で19人でうちベトナム人が8割を占めていました。

 

伊吹「GOTO KONBINI? ごうとぅ?ごうとう?(笑)」

 

その店にいたマイも捕まります。

マイは取り調べで「バックヤードのカネモッテコイ言われて200万ワタシタ」と話します。

 

その店の店長さんは、夜中に売上金を銀行に入れに行くのが怖いから、バックヤードの金庫にしまって、朝になってから銀行に入れに行くのだと話していたというのです。

そのことを聞いていたマイは物騒だと思っていたのだと。

 

防犯カメラには、犯人の男とマイが何かを話しているのが映っており、 

志摩「ベトナム語で犯人となに話した?」

マイ「カネトル ワルイコト ソウイッタ」

 

捜査ではマイに疑いがかかりますが、マイは一旦釈放されることになりました。 

その後、引き続きマイをマークするため、志摩と伊吹がメロンパン車に乗せてマイを送りました。 

伊吹「マイちゃんが好きなのは誰かな?気になるな~。(笑)」

 

マイは必ず強盗犯人と接触するに違いない・・と志摩と伊吹はマイの行動をマークします。

しかし、その相手は現れません。

それどころか、そんな時間なんてないほどマイは過密なスケジュールで働いていたのです。

 

日本語学校の授業が終わると、すぐに自転車で移動し飲食店へ行きバイト。

その後夕方からは次のバイト先である荷物の仕分け場へ行き、朝まで働きます。

コンビニのバイトだけだと週に27時間までしか働けないため、ほかのアルバイトと掛け持ちしていると。

 

留学生は週に28時間までしか働かせてはいけないと決まっているから、バイトをいくつも掛け持ちしているのが現状。

外国人学生は皆、貧しい、必死に働かなけらば生活できないんです。

マイたちが通う日本語学校事務員の水森は話します。

「ベトナムでは平均月収が3万円もあればいいとこ、でも日本に来たらその何倍も稼げる、だからジャパニーズドリーム 日本は夢の島で借金してでも来たい国なのです。」

 

実態を知って驚く伊吹と志摩。

 

マイが好意を抱いているのは日本語学校の事務員である水森ですが、水森は全くマイを相手にしません。

それどころか、避けていました。

 

なぜなら、水森は表向きは日本語学校の事務員、裏では悪徳機関に誘われて留学生を利用する商売に手を染めていたからです。

そんな自分にやがて嫌気がさしてきた水森。

 

その後の捜査でSNSの書き込みの言葉から犯人はベトナム人ではなく日本人であることがわかってきました。

 

疑われたマイはとうとうコンビニを首になってしまいます。

「ワタシタチ ハタラク ロボット 二ホンキライ ナリタクナカッタ」 

涙を流して訴えるマイ。

 

「イブキ キテ!」と電話でマイに呼ばれ、マイと合流する伊吹と志摩。

志摩はマイのスマホに水森の写真が載っているのを見逃しませんでした。

 

犯人は何故バックヤードにお金が置いてあることを知っていたのか?

マイがバックヤードのことを話したのは、実は水森だけ。

 

伊吹「マイちゃんの気持ちを利用して犯行に及んだ水森のことを許せない!」

志摩「継続捜査はもう終わったけど」

志摩と伊吹は、勤務時間外にもう一度日本語学校の水森を訪ねてみました。

 

志摩はSNSの書き込みの言葉からして、犯人はベトナム人ではなく日本人だと水森に言います。

水森「日本は理不尽だ。何十万人という外国人を研修生と言う名目で働かせている。

コンビニ朝5時に弁当を並べ、朝5時に新聞を配達するためだ。便利な生活のために。」

志摩「俺はそんな話はしてない!

1人の人生の話をしてる!」

 

水森は自首するわけでもなく、単独犯行に及びました。

その姿を見て涙するマイ。

 

マイ「おカネとるの 悪いことでしょ?どうして?」

水森「はじめからこういう人間だ!」

駅方面に逃亡した水森は機捜に捕らえられました。

 

その様子を謎のロン毛のナウチューバーが撮影していました。

 

水森が捕まったことで、水森のバックの管理団体は永田町であることがわかりました。

外国人留学生入国を利用し、1人当たり何十万もの金を動かしていたことが発覚。

 

留学生の素直でひたむきで純粋なところ、貧しくて苦労している事実をを知っていくなか、海外から留学生を招くことで荒稼ぎしていた管理団体の手下になっている自分に嫌気がさしていってしまった男性の話でした。

 

日本とベトナムは似ているから、二ホンスキ!と言っていたマイちゃん、こんな純粋なところにきっと、伊吹も惹かれたのですね。

 

謎のロン毛ナウチューバーがアップした水森の動画のアクセスが凄いことになり、にやついているところに、1通のメールが入ります。

 

「あなたの力が必要です。助けてください。」

送信主は成川 岳。 

そう、あの陸上高校生事件で唯一逮捕されなかった生徒です。

【MIU404 第6話 リフレイン】志摩の過去には何が?

5話で、伊吹は恩師である蒲さん=小日向演じる蒲郡元刑事と久しぶりに会っていました。 

伊吹は蒲郡=蒲さんに全面的に信頼を寄せています。

 

蒲さん「相棒はどうだ?」

伊吹「(志摩は)人のことを信じない。自分のことも信じないんだって。頭は超いいんだけどな。」

蒲さん「他人を信じないのは刑事やってれば当然だ。でも自分のこと信じられないとは、軸足はどこだ? ゴム底のついてない靴で油の上を走るようなもんだ。大丈夫なのか?そいつは。」

鋭い指摘をする蒲さん。

  

5話の終りのところで、芝浦署の玄関で2人の職員とすれ違う伊吹は、よからぬ話を耳にします。

「今の志摩か?」

「でしたね~。今、機捜なんですよ。」

「良く戻れたな~。相棒殺しが!」

 

相棒殺し??

その言葉だけが耳に残ります。

志摩には一体何があったんだ?

志摩はたしかウイスキーが飲めなくなってるし、昔、何かがあったに違いないと思った伊吹。

 

伊吹「志摩ちゃん、お話しようか~~。」

志摩「俺、眠いんだよ。」

 

突然、車庫内で伊吹は言います。

「よ!相棒殺し! お!マジ顔~~お前のことそう言ってるやつがいるんだよ~。」

余計なことを言うなよ、と志摩はかわします。

 

九重「本人に直接聞くなんて。志摩さんの相棒が亡くなってるのはホントですよ。でも真相はかわからないって。」

 

2013年の8月8日未明

香坂よしたか巡査部長が自宅ビル敷地内にて倒れているのが発見され救急搬送される

転落したとみられる

第一発見者は同僚の刑事

靴は片方だけ屋上に残っていた

近くにウイスキーボトル

 

報道はここまで

 

香坂刑事はお酒が飲めなかったのに体内からは多量のアルコールが検出されたという不審な点が残る事件。

 

6年も前のことを今さら言ってもしょうがねえよ、と陣馬は言います。

伊吹「昔の話じゃねえよ。志摩にとっては今も終わってない。志摩、何があった?」

志摩「お前にはカンケーない。」

伊吹「ある。俺は404お前の相棒だ。」

志摩「うぜ~、聞き方に工夫がない。刑事のくせに、ホイホイ話す。容疑者がいるか知りたいなら自分で調べてみろ。」

どうせ調べられないだろうと言う志摩に対し「心の底からぎゃふんと言わせてやるからな!」と伊吹。

 

陣馬に「あのバカ、本気でほじくるぞ。」

志摩「どうせわかりませんよ、本当のことなんか。」

 

伊吹はこうと決めたら貫く姿勢。

その勢いに押し切られた九重は、協力せざるを得なくなり、2人一緒に昔の捜査資料を閲覧、捜査一課の刑事 かりやの元へ話を聴きに行きます。

 

かりや刑事は「相棒殺しが!」と言っていたあの声の主。

 

かりや「当時、香坂の相棒の志摩は鼻持ちならない野郎で、人を小ばかにしていた。

香坂が亡くなった日、何の日か知ってるか?」

 

伊吹「たこの日でしょ?」

そうではない。

九重は知っていました。 

香坂刑事が亡くなった2013年8月8日は、南田ゆみこの逮捕日である。

輸入雑貨会社の男性スタッフが原因不明の胃腸痛に悩まされ、日に日に衰弱し、やがて亡くなるという事件

 

かりや「南田ゆみこの逮捕の日の夕方、見たんだよ。あれはすごい剣幕だった。」

志摩が香坂を呼びつけ、激しく叱咤しているのを見たと言います。

 

かりやは話を続けます。

かりや「それだけじゃない、そのあと南田が逃げ出したと連絡が入り捜査員は全員確保に向かったんだ、だが、志摩と香坂だけ来なかった。」

 

そして、通報が入ったのは次の朝。

通報者は志摩。

 

その時、たまたま近くにいた捜査員が陣馬と桔梗だったのです。

陣馬と桔梗だったから「志摩が証拠を隠したのかも?」と、かりやは言います。

 

陣馬が何か知っているに違いないと思った伊吹と九重は、陣馬を飲みに誘います。

陣馬「なんで、(香坂は)半分も飲んじまったんだろうね~。」

語ろうとしなかった陣馬は酔って、当時のことを少しずつ話し始めます。

 

電話をかけても出なかったから様子を見に来たらこの状態だったと志摩は話していたといいます。

屋上で香坂が飲んでいたウイスキーはスコットランドのウイスキー。

 

志摩「屋上へはエレベーターでは上がれない 非常階段で屋上に上がると靴が片方」

陣馬「志摩、俺たちは来る前にここに来たのか?」

志摩「いや、今が初めてで、夕べも来てなくて、、以前来たことがあるんです。」

 

・・・・・ 

南田ゆみこ事件のときのこと。

志摩「香坂、お前のしたことは許されることじゃない、だけど、そうさせたのは俺だ。」 

 

もしかすると、2人の間にいさかいがあった??

伊吹と九重は、志摩を少し疑います。

陣馬「手紙があったんだよ、香坂の。」

と聞き伊吹と九重はその手紙を見れば真相がわかると知り、その足で署に向かいます。

 

 

桔梗「調べることではない!機密です。」

伊吹「面白半分じゃないっすよ、志摩の相棒だから調べてます。」

桔梗「相棒なんて一時的なものでしょ。1年で変わるの。そんな必要はない!」 

伊吹「俺が機捜に入ったのは、スイッチ。

玉突きされて入った俺が404で俺と志摩が事件おっかけて、その1個1個がスイッチで、なんだか人生じゃん!

1個1個大事にしてえの!あきらめたくねえの。志摩と全力で走るのに必要なんすよ。」

 

伊吹の思いは桔梗にも止められません。

桔梗「まずシャワー浴びてお酒ぬいてきなさい!早く!」  

その後桔梗は、2人に捜査資料を見せます。

 

南田ゆみこ事件について捜査していた志摩と香坂は、南田ではない別の女を犯人と疑い捜査していた

やがて香坂は単独でその女性宅に通い捜査をしていた

結果的にその女は犯人ではなかった

香坂は志摩に責められたのだ

 

そのことで思いつめた香坂は退職を考える

志摩は悩んでいた香坂に声をかけなかった

 

その晩、香坂は屋上から「一緒に飲みましょう」と志摩に電話をするが

志摩は香坂のところに行かなかったのだ

 

 

志摩は、自分が香坂と話をしてあげていたら、こんなことにはならなかったと悔いているのでした。

 

志摩がやったんじゃなかったんだ

伊吹はホッとします。 

 

これで、話は終わったと思っていた時、

ビルの屋上にいた伊吹は、ふと向かいのビルの女性の部屋のベランダの垂れ幕に気付いたのです。

その垂れ幕には、

2013年8月8日2時ごろ110番通報してくれた人を探しています

と書かれています。

 

伊吹はすぐに志摩に電話。

「志摩、2013年タコの日の深夜2時ごろだよな?」 

そう言いながら、 伊吹は屋上から階段を駆け下り、足を引っかけて落ちそうになりました。

「凄いことに気付いた!」

 

2013年の8月8日の深夜2時ごろに、向かいのビルの女性の部屋に男が忍び込むのを見た香坂は110番通報。

その直後、そのビルに行こうとして階段を駆け下り、足を引っかけ落下した可能性が高いことがわかります。

 

2013年の8月8日の深夜2時ごろの110番通報の記録は残っていた

 

自分のせいではなかったと知った、志摩の気持ちは少しは楽になったのかもしれません。

皆さんのツイート

 

 

 

 まとめ

大人気ドラマMIU404の5話6話のあらすじをお伝えしました。

過去のトラウマを漂わせていた志摩=星野源の過去が明かになり、志摩と伊吹の関係も一層深まりましたね。

この先は、菅田将暉がどう出てくるか?と、陸上高校生成川、ナウチューバーの動きも気になりますね。

桔梗は誰かに恨まれているのか?ハムちゃんは?

 

次回に続きます。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。