ゆるかわ日記

開き直って要介護の両親と暮らすために実家に住みついているアラフィフ主婦のブログ。子育てを既に終え現在は両親との時間をゆるやかに穏やかに楽しんでいます。

【MIU404】第9話~11話最終回 志摩と伊吹の相棒愛に感動!続編はあるのだろうか?

 

人気ドラマ【MIU404】が終了してしまいました。

綾野剛さん星野源さんはじめ皆さんの素晴らしい演技は演技と思えないくらいリアルでドラマに入り込んでしまいました。

 

今はちょっとロスですけど、MIU404の続編があるかも?と楽しみにしています。

MIU404と言えばメロンパン号。

メロンパン号が各地を回るそうですよ。

 

  

【MIU404】第9話 或る一人の死 ざっとあらすじ

おもなキャスト


伊吹 藍・・綾野剛

志摩一未・・星野源

機捜の隊長 桔梗ゆづる・・麻生久美子

刑事部長 我孫子豆治・・生瀬勝久

班長 陣馬耕平・・橋本じゅん

九重世人・・岡田健史

桔梗隊長の子供を世話をしている女性  羽野 麦・・黒川智花

関西弁の謎の男 久住・・菅田将暉

 

蒲さんの逮捕後、落書きされた担当車メロンパン車を洗車する伊吹の姿がありました。

f:id:yurukawa:20200910145205p:plain

出典:miu404公式Twitter

志摩「間に合わなかった、本人が一番よくわかってる。」

陣馬「刑事やってりゃこういうこともある、受け止めて次の事件に向かうだけだ。」

 

そのころ、桔梗宅にしかけられた盗聴器の件は、たつい組に出入りしている車の仕業であり、エトリとたつい組が繋がっていることがわかってきました。

 

たつい組に出入りしていた例の高校生、成川岳らしき人物が映った写真も見つかったのです。

 

西武蔵野署に確認すると、成川は未だに家にも帰っておらず、親からは捜索願も出ていないことがわかります。

あの時、成川岳を逮捕できなかったのは僕の責任です、と言う九重。

そこまで気にしすぎていては身が持たないと陣馬は言います。

 

成川がこのままだと、今後の任務にも打ち込めない、だから成川の件を僕に担当させてくださいと、九重は桔梗隊長に直接頼み込むのでした。

 

九重が成川宅に行くと、母親から「一度だけ息子から電話があり久住という人に良くしてもらっていると話していた」との証言を得ます。

 

成川とレック

そんなころ成川は、ナウチューバー レックのところに来ていました。

成川「この人を探してもらえませんか?」

そう言って、羽野 麦の写真をレックに見せました。

 

成「羽野 麦 女詐欺師でエトリさんをだまし、夜逃げした女らしいです。」

 

レック「ふ~ん、おもしろそうじゃん。」

 

人の善意を利用して探そうということになり、あらゆるSNSを駆使して羽野 麦を見つけ出そうとします。

 

羽野 麦を取り調べ 

そのころ、桔梗は羽野 麦の取り調べをやりなおすように上から言われます。

何故なら、エトリが実在するのかさえもわからないため、羽野 麦の証言までもが疑わしいと思われたのです。

桔梗「池袋の裏カジノは羽野 麦がエトリからつきだした情報のおかげで摘発にこぎつけたんです!」

幹部「もし、羽野 麦のうその証言だったら?」

桔梗「ありえません!!」

豆治「羽野 麦をもう一度呼んで信用できる供述だと理解してもらおう!」

桔梗「条件があります、警視庁では無く芝浦署で。」

徹底的にハムちゃんを守る桔梗の姿勢が見られました。

 

エトリと初めて会ったのは2016年冬

当時、幼稚園の先生をしていた私はお給料が安くて週末だけバーでピアノのバイトをしていた

あるとき、エトリから花束を渡された

以来、エトリは毎週のように現れ、隣に座らされ、裏カジノなどを話を聴かされ、自分には力があるとばかりに話しをしていた

 

ハムちゃんは涙で語りました

 

だんだんそれが脅しに変わっていった

一度気に入られた女はおもちゃになるしかないって・・エトリが飽きるまで

もし逆らえば寒くて暗くて狭いところに連れて行かれて帰ってこれないって・・

怖くなって警察に助けて欲しいって言った

でも、本名はわからないし、私の妄想だって言われた

信じてくれたのは桔梗さんだけだった

 

ハムちゃん狙われる

伊吹「隊長、ゆたか、ハムちゃんに何かあったら俺は許さない。」

志摩「安心しろ、俺も許さない!そうなる前にエトリは必ず捕まえる。」

伊吹「だな!」

 

桔梗さんはじめ、志摩や伊吹はハムちゃんを大切にかくまってきましたが、芝浦署で取り調べを受けた後、メロンパン車から降りるハムちゃんをの姿をレックが隠し撮り。 

レックに気付く伊吹。

「おい、何撮ってるんだよ。」

レックの本名は児島弓快だとわかります。

 

芝浦署で偶然を装い、成川はハムちゃんを待ち伏せて話しかけます。

成「僕のこと覚えてます?偶然ですね。」

ハム「学生さんだったよね?」

成「実は今、学校行けてなくて、、家にも帰れてなくて。」

 

そんな会話をした直後に伊吹がハムちゃんを迎えに来ました。

 

成川と澤部はエトリと、とあるビルで会っていました。

ハムちゃんとのラインをエトリに見せると、すぐに羽野 麦を呼び出せ!と言われ、成川ハムちゃんを呼び出そうとしますが、警戒心の強いハムちゃんはなかなか出てきません。

 

成川は、久住さんどうしたらいいですか?助けてくださいと久住の知恵を借ります。

アパートを借りたいが未成年だから借りられない、助けて、とハムちゃんを呼び出すことに成功。 

エトリのところに連れて行かれる

エトリは架空の男かと思われましたが実在したのですね。 

ハムちゃんも成川もエトリのところに連れて行かれます。

  

芯の強いハムちゃんはエトリには屈せず、エトリらを怒らせてしまいます。

そして、成川も同様にエトリらの怒りにふれ、2人同時に捕らえられ、な、なんと深い深い井戸に入れられてしまうのです。 

ハムちゃん救出

ハムちゃんから聴いていた話もし逆らえば寒くて暗くて狭いところに連れて行かれて帰ってこれない

をもとに、それは井戸ではないか?ということで捜査し、井戸を発見!

無事に2人を救出。

成川は逮捕されました。

 

エトリ終了

この事件に関するすべての主犯とされるエトリを逮捕。

しかし、エトリを護送する途中、護送車はドローンに襲われ、エトリはあっけなく終了してしまいます。

ドローンを操縦しているのは?

ラスボス?久住です。

 

【MIU404】10話 not foundざっとあらすじ

護送される途中、エトリはドローンで襲撃されてしまいました。 

 

そんなころ、レックのところに浜田という人物からメールが届きます。

爆発原因についての情報があります

レックはすぐさま情報欲しさにメールを開きます。

 

これは、警察による隠ぺいなのではないか?

 

エトリは整形だった?いったい何者?

エトリは実は整形していたらしく、本名は鴻上悟。

f:id:yurukawa:20200906234138j:plain

不自然な整形顔に笑えます

側近によると、エトリはいつも誰かの指示を受けていたらしく、

失踪前の鴻上は「面白い若者に出会った。」と周囲に話していました。

その男は仮想通貨に詳しく、大手のシステム会社に在籍、自分が開発したあらゆるシステムにバックドアを仕掛けた人物です。

 

志摩「久住?」

伊吹「それ、志摩のかん?」

志摩「すいません。ちょっと思い浮かんだだけで、、、撤回します。」

伊吹「いいじゃん、別に。」

 

久住はどこにいる? 

桔梗「いったい誰なの?」

九重「ドーナツ〇pの売人。関西弁で20代。池袋のクラブの元常連。」

桔梗「池袋なら、ありえる。」

 

しかし、この捜査はもう4機捜の担当ではありません。

志摩「でも、切り札がある。」

そう、久住と会っている人物、成川です。

成川の取り調べで、久住は池袋のシェアオフィスに出入りしていることがわかります。

 

すぐに志摩と伊吹はそのオフィスに行きますが、すでに久住の痕跡はありませんでした。

久住と付き合いのある人間に聞いても、もう久住とは連絡が取れないというのです。

久住に操られるレック

レックは浜田=久住からの嘘の情報を信じて、警察が悪だという虚偽の情報を拡散させました。

ハムちゃんは女詐欺師

メロンパン車は怪しい車

 

SNSではありもせぬ情報が広まってしまっていたのです。

レックは志摩と伊吹を呼び出す

久住の居所がつかめない状況の中、レックは警察が正しいのか?情報をくれた浜田が正しいのか?何を信じていいのかわからなくなり2人を呼び出したのです。

 

浜田の正体は実は久住だと告げられたレック。

レックは浜田とコンタクトを取ってみることにしました。

個人情報を明かさなくても会話が出来る、その方法で誘うと浜田=久住は応じてきました。

上手くいった、と3人が喜んでいるが、その様子もすべて久住には丸見え状態だったのです。

久住「おまわりわんわん。」

志摩「ばれてるなら話は早い、久住、自首しろ!」

久住「ドローンの操縦記録は残ってない、起動も辿られへんはずや。」

志摩「人間のやったことに証拠は必ず残る。」

久住「じゃ、俺は人間じゃないんだな。どうやって裁くん?」

反省の態度もなく、攻撃的な久住。

騙されたと知ったレックは久住に対して怒りを見せますが、時はすでに遅し。

 

レックのPCは久住に乗っ取られていました。

久住は、都内爆破予告などのフェイク動画、虚偽のメールなどをレックが発信したように作り上げ、警察をも操ります。

 

テロの実行犯は警察のメロンパン車だと情報を流しSNSでは大騒ぎに。

【MIU404】11話ゼロ 最終回

久住の手下とされる工場の出口で待ち伏せていた陣馬は、出てきた車を止めようとして、その車に当てられて救急搬送されます。

陣馬はそのまま10日も目を覚まさず、4機捜メンバーは悲しみの中にいました。

 

SNSにさらされたメロンパン車は使えず、志摩と伊吹は401号車に乗っていました。

 

志摩「あの時、曲がり角で久住のところに行くか?爆破予告された病院へ行くか?自分で決めていれば・・。昔の俺なら久住のところに行っていた。相棒に聞いた俺がばかだった・・・」

 

一方の伊吹は「それでも俺は久住を許さない!刑事辞めても。」

2人は、久住を逃がしたことを悔やみ許せずにいました。

 

成川の証言に基づいて作った久住の似顔絵は、久住が容疑者と断定できないため公表できません。

 

志摩、レックに会いに行く

レックの釈放に合わせ、志摩はレックに会いに行きました。

レックのPCには他人が入った痕跡はなかったが、唯一志摩が録音した会話が決め手となってレックは無実が証明されたのです。

志摩「助けられましたね、大嫌いな警察に。」

 

志摩はレックにこんな目に合わされた久住を探し出してみろ!とレックをその気にさせます。

レック「あんた、警察辞めるのか?辞めるにしてもこのまま終わらない、そういうことか。借りは返すよ。助けてもらったし、俺もやってやりたい。」

2人は久住を探し出すために手を組むことになりました。

 

久住の似顔絵をSNSで公表し、注目を集めること。

スマホケースの販売元を突き止めること。

やることはこの2つです。

桔梗隊長が退く

桔梗は、自分に必要以上の注目が集まってしまったことへの責任で機捜の隊長を退くことを決めます。

「機捜初の女隊長ということで、風当たりもあった、1年半ありがとう。」

 

志摩の動きを怪しむ伊吹

久住の似顔絵が公開されているとネット上で話題になっているらしいと知り、桔梗は真っ先に志摩を疑っていました。

 

志摩と桔梗が2人で話すのを気にして見ている伊吹。

伊吹は桔梗と何を話していたのか志摩に問います。

志摩「お前を奥多摩に返すように進言していた。」

伊吹は志摩を殴りました。

 

相棒を解消された悲しさ?

伊吹の目が潤んでいます。

でも、志摩は伊吹を殴り返しませんでした。

 

志摩が何をするかわからない、心配した伊吹は、いとまきさんの協力を得て、志摩に盗聴器を仕掛けていました。

 

似顔絵のおかげで順調に情報が増えてきたとレック。

久住の居場所は東京湾マリーナではないか?と。

 

そして、スマホケースは九重を頼り警察庁経由で製造元を割り出すことが出来たのです。

日本で作られていないそのスマホケースの依頼主の中にG-11という身元不確かな名前ががあり、久住である可能性が高いことが予想できます。

 

久住に会いに行く伊吹

一連のやり取りを志摩に仕掛けた盗聴器から聴いていた伊吹は、志摩よりも一足先に久住に会いに東京湾に行きました。

伊吹「俺は久住と一対一で話しがしたい。なあ、久住はいったい何がしたいん?それによっては許すか決める。」

久住「お前は神様か!許されたくないな。」

伊吹が思っていた以上に久住の心はよどんでいました。

 

久住「神様は残酷やで。指先一つ、一瞬で人も町も皆さらってしまう。それでも10年経てばみんな忘れてしまう。頭ン中の藻屑や。」

伊吹「自首する気ある?」

久住「俺はなんもやっていない。」

 

逃げる久住を追って伊吹もクルーザーに入りました。

クルーザーの中には、薬が仕掛けられていたようで・・・

伊吹は気を失ってしまいます。

 

志摩も後を追って

志摩が久住のクルーザーへ入ると、そこには気を失って倒れている相棒 伊吹の姿が。

「おい。伊吹起きろ、伊吹。」

志摩は持っていた拳銃に手をかけ、「伊吹はこの音を聴けば必ず目を覚ます。」と言うが背後から来た男と久住に挟まれてしまいます。

 

伊吹 目覚める

志摩が言う通りその音で伊吹は目覚ました。

「志摩!おい志摩。」

 

久住「誰もいないで。」

いや、きっと志摩は居るに違いない・・・

しかし、伊吹が見つけた志摩は変わり果てた姿になっていました。

逆上した伊吹は久住を・・・

時間が巻き戻る

何かのスイッチで進む道を間違える 

その時が来るまで誰にも分らない

だけどさ、どうにかして止められるなら止めたいよな

最悪な事態になる前に

 

そのスイッチは止められました

急展開!時間が巻き戻ります

 

・・・もう一度クルーザーの中のシーンが・・・

 

クルーザー内で薬を吸ってしまった志摩と伊吹が手足を縛られ、気を失っています。

そのころ、病院では陣馬さんの意識が戻っていました。

九重からのスマホラインで目を覚まします。

 

志摩伊吹の2人は自力で脱出。

クルーザーから海に飛び込みました。

 

久住はそのまま海外へ逃亡しようとしています。

しかし、そうはさせない桔梗。

湾岸署に手配し、久住のクルーザーを追跡するが、久住は竹芝から逃げたらしく・・・

既に着替えた志摩と伊吹は、九重と合流しメロンパン車で久住を探し回ると、

 

川下りしている屋形船の中にいる久住を伊吹が発見。

伊吹は走って追いかけていきますが、久住も必死で逃げていきます。

 

このシーンは動きも早く、迫力もありましたね。

とうとう、屋形船の上で久住はつかまります。

しかし、久住は捕まって以来ずっと黙秘を続けているのと事。

 

なぜ、久住がこのようなことをしたのか?久住の本名や出生さえもわからず、すでに戸籍もないのかもしれないとも言われ、事件の真相はわからないままです。

 

はっきりしたのは、志摩と伊吹の相棒愛がとても深かったということ。

 

皆さんの感想は?

バッドエンドではなく、本当によかった。

ラスボス久住が黙秘を続けているところは気になりますし、久住=菅田将暉の話の続きがあるかもしれません。

あったら面白いですね。

続編があって、志摩と伊吹のバディがまた見られたらうれしいです。

 

皆さんの感想です。