ゆるかわ日記

開き直って要介護の両親と暮らすために実家に住みついているアラフィフ主婦のブログ。子育てを既に終え現在は両親との時間をゆるやかに穏やかに楽しんでいます。

もうすぐお正月 高齢の親と何を食べよう?

ゆるかわです。

 

 

いつもブログにお越しいただきありがとうございます。

 

2020年もあと僅かですね。

 

高齢の親御さんと一緒に住んでいるという方にとっては

年末年始に何を食べようか?といろいろと考えられることと思います。

 

高齢だからと言って食べないことはなく

むしろ

食べることは高齢の方が執着があるような気がします。

 

デイサービスでも利用者さんは

おやつや甘いものには目がないのです。

「まだもらってないわよ。もっと食べたい」

などなど

そんな姿は見ていてカワイイ。

 

 

 

今朝 うちのじいさん(父)が一言

「今年もあと4日か~」

 

そして

「餅は食べない」と言いました。

 

 

父はお餅が大好き。

お雑煮 きな粉 あんころ

なんでもOKでした。

 

f:id:yurukawa:20201227174012p:plain

※実際はもっと痩せてます

 

昭和の時代に売り出されたのが餅つき機。

毎年暮れには、父と母は協力して餅つき機で餅をついていました。

 

大好きなお餅だから父はお餅つきとなるとテンションも高かった。。。

頑張ってくれていたんだな~。

これもいい思い出。。。

 

 

その父が「もうお餅はいらんから。」と

初めて言いました。

 

 

誤嚥の心配というよりも、お腹に入りそうにないから、だそうです。

ちょっと寂しいですが、安心もしています。

 

f:id:yurukawa:20201227175127j:plain

やっぱり高齢者にはお餅は怖いですから。

 

はい、

ではではお雑煮は無しにします。

 

 

おせち料理も食べてくれる人がいてこそですね。

 

昨年は作りましたが今年はやめておきます。

f:id:yurukawa:20201227175337j:plain

 

お餅やお団子もそうですが、

正月のおせち料理と言えば

高齢者が苦手とするものが多く入っていますね。

 

 

昆布 蒲鉾 ごぼう タケノコなどは口の中でバラバラになるので

飲み込みにくいのです。

 

お正月にイカやタコを食べる機会も多いですが

これらも高齢の方にはお勧めしたくない食材ですね。

 

 

 

施設にいれば食事は安全ですが

在宅介護の場合はいろいろと気を遣うところです。

 

 

お正月料理にこだわらず

食べられるものの中から、いつもより美味しそうな物をチョイスしたいと

思っています。

 

手作りが大変だと感じたら

市販の料理に頼ることも在宅介護には大事なことだと感じました。

 

介護者が疲れないようにしたいですよね。

 

www.yuru-kawa.net

 

 

www.yuru-kawa.net

 

お読み下さりありがとうございます。 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護
にほんブログ村