ゆるかわ日記

開き直って要介護の両親と暮らすために実家に住みついているアラフィフ主婦のブログ。子育てを既に終え現在は両親との時間をゆるやかに穏やかに楽しんでいます。

嚥下食宅配14種類を比較!飲み込みに不安が出てきた時のおすすめ介護用宅食

 

こんにちは ゆるかわです。

 

近頃、父の咳き込みが気になるため、以前は飲み物にトロミをつけていなかったのですが、ここ2週間ほどはトロミをつけるようにしています。

食事中と食後にムセがあるのです。

これはあまりよろしくないことです。

 

トロミがついた食べ物や飲み物はあまり美味しいものではなく、嫌がる方が多いのです。

うちの父はもろに嫌な顔をしますよ。

でも、飲み込みが悪いのであれば仕方ありません。

 

www.yuru-kawa.net 

介護をする方はトロミ付きの飲み物や食べ物を一度自分が飲んだり食べたりしてみるとよくわかります。

私は食いしん坊だから、トロミがついていても食べられればなんでも美味しいと感じますが🤤

 

食事ってやっぱり手作りが一番でしょうし、作ってあげたいのはやまやまですが、嚥下食は難しく手間もかかります。

 

そこで、父には出来るだけ美味しく食事してもらうために、プロが作った味=プロが作った嚥下食を試してもらうのもアリだと思っていろいろ調べてみました。

今、介護食業界ではいろいろな状態に合わせたお弁当や食材があるので、上手に取り入れてみようと思ったわけです。 

 

プロが作った嚥下食を食べてみれば、自分で作るときの参考にもなりますし、とにかく一度取り寄せてみようと思って探してみましたら、14業者もありました!

多いですね~。

でも、まだまだあると思いますので、見つけたらお試ししてまた追記させていただこうと思っています。

 

こちらの記事では14種類の業者の嚥下食を比較していきます。

 

家庭での嚥下食作りは大変

家庭での嚥下食の手作りは、食材を柔らかくなめらかにして、トロミ剤や片栗粉を使って、飲み込みやすいように作らなければなりません。

どんなものが飲み込みやすくて、どんなものが飲み込みにくいかは、個人差があったりします。

また、飲み込みはその日の体調も大いに関係しますので、安易に考えては怖い面もあります。

飲み込み=嚥下がうまくいかないと気管や肺の方に食べ物のかすや雑菌が知らない間に入ってしまい肺炎を引き起こすからです。 

高齢者が亡くなる原因ベスト3に、誤嚥性肺炎が入るほど、起こりやすいことなのです。

 

在宅介護の場合は介護している家族が、その方の食事を作りますが、嚥下食ともなると、大変手間がかかる上、1人分の手作り嚥下食は時間もコストもかかるような気がします。

 

ただ、家庭の味も食べさせてあげたいというのも、ご家族の本音ではないでしょうか?

私もそう思います。


市販の食材に頼るのはちょっと、と抵抗もありました。

でも、もし自分が風邪などでダウンしてしまった時のことを考えると、市販の嚥下食もストックしておいた方がいいのではないか?と思うのです。

市販の物に常時頼るのではなくて、1か月の3分の1や半分だけ活用するという考えなら良いのかな?と考えてみました。

 

f:id:yurukawa:20200222163158p:plain

出典:やわらかダイニング 

父の状態は? 

私の父は現在81歳。

75歳の時に胃癌で胃を全摘しています。

自分で食べる量を調整しよく噛んで食べることをこころがけて生活してきました。

ありがたいことに歯は全部自分の歯で入れ歯はありません。

歯医者さんからは、80代でこんなに歯が残っている人は素晴らしいと褒められました。

 

3年ほど前に大腿骨骨折しました。

大腿骨の方は運良く、術後2週間の入院リハビリののち退院出来ました。

2年ほど前には背骨を圧迫骨折しました。

以来腰が曲がってしまいました。

骨粗鬆症もあります。

背中が丸まっているから飲み込み(嚥下)にも影響があると思います。

しっかり噛めるのですけど・・。 

嚥下食は大きく分けると4パターン、父に適したのはどれなのか?

一言で嚥下食と言ってもその人の状態に合わせて段階があります。

大きく分けると4段階です。

①→④と数字が大きくなるにつれ嚥下が難しい状態となります。

 

① 普通に飲み込めるが、かたいものや大きいものが食べづらい

② やや食べづらく場合によっては飲み込みにくい、木綿豆腐くらいの固さが好ましい

③ 水やお茶が飲みにくい、絹ごし豆腐くらいの固さが好ましい

④ 水やお茶も飲みづらい、噛まなくても飲み込めるものが好ましい

 

私が見たところ父の場合は①~②の間くらいではないかと思います。

介護食の種類と形態はどんなものがある? 

介護食と一言で言っても、色々な形態があります。

種類はおもに刻み食 軟食 ミキサー食 ゼリー食 ペースト食 流動食です。

要介護の方の身体の状態(嚥下状態)によってどれがあっているのかを選びます。

 

刻み食は口の中でまとまらないため、かえってむせやすい形態となります。

軟食は噛むのも飲み込むのも低下している場合に向いている形態です。

ミキサー食 ゼリー食 ペースト食 は飲み込みが低下しているときに向いている形態です。

流動食は胃腸が弱い場合に利用するもので、栄養不足になりやすいため、しっかり栄養を摂っていきたいという場合には不向きとも言えます。

私が宅配の嚥下食に望むことは?

私が嚥下食の宅配に望むことは、

・父の嚥下対策が出来る

・毎日届く配達弁当ではなく宅配が良い

・いつでもストックしておきたいからまとめ買いがOK

・欲しい時だけ注文できる

・自分の調理の参考に出来る

・プラスαで付け足す

 

条件はこれだけです。

嚥下食ってどのくらいのやわらかさ?かを実際に試したい。

毎日、配達されるお弁当ではなくて宅配が希望。

毎日配達はかえって面倒。

普段の食事に付けたしなので、欲しい分だけあればいい。

冷凍出来てストックしておけると良い。

味も良く素材も良く価格もお値打ちなら尚いい。 

 

こういうことです。 

嚥下食の宅配業者を比較してみる

今回比較してみる業者は14業者です。

 やわらかダイニング

 食宅便

 MFSメディカルフードサービス

 タイヘイ

 ワタミ

 ベネッセパレット

 生協coop

 あいーと

 宅食cook123

 健康宅配 武蔵野フーズ

 ナリコマ

 ニチレイフーズダイレクト

 ヘルスディッシュ

 デリキューブ

 

では順に見ていきましょう。

やわらかダイニング 

やわらかダイニングはウエルネスダイニングという会社の宅食で、嚥下食を専門に作っているメーカーです。

3種類の嚥下食があります。

ちょっとやわらか・かなりやわらかめ・ムースやわらかです。

初回、7食・14 食 ・21食の中から選べます。 

2回目以降に定期購入かその都度購入かを選びます。

ちょっとやわらか 7食で4968円税込

かなりやわらか 7食5616円税込

ムースやわらか 7食5616円税込

 

1食当たり ちょっとやわらか711円

1食当たり かなりやわらか802円

やわらかダイニングの公式サイト 

 

やわらかダイニングについては詳しくこちらの記事にも書いています。

www.yuru-kawa.net 


やわらかダイニングのかなりやわらかセットを実際に食べたレポート記事はこちらです。

www.yuru-kawa.net

食宅便 

食宅便は日清医療食品という会社の高齢者向けの宅食です。

カロリーやたんぱく質制限食、嚥下食など多種類あります。

嚥下食にはやわらかい食事あいーとというコースがあります。

7食セットで4406円税込でABCの3種類から選べます。

通常と定期便のどちらかを選べるようにもなっています。  

1食当たり629円

食宅便公式サイト

 

MFSメディカルフードサービス

MFSメディカルフードサービスは介護食をいろいろ扱っているメーカーです。

MFSの嚥下食はやわらか食といいます。

バナナでつぶせる柔らかさです。

やわらか食のお試しセットが6食で5335円税込です。

1食当たり889円

冷凍で全国発送OKです。 

メディカルフードサービス公式サイト

 

タイヘイ

タイヘイは施設でも利用されている業者です。

個人向けのファミリーセットも扱っていて宅配も出来ます。  

嚥下食に当たるのはソフト御膳です。

1食566円税込です。

定期購入もあり、まとめ注文も出来ます。

その場合1食当たり589円

冷凍弁当です。

送料あり

タイヘイ公式サイト

 

ワタミ

ワタミは施設や病院にも届けている業者です。

ワタミの宅食と言えば手渡しで届けてくれるお弁当 でおなじみですが、まとめて宅配してくれるお惣菜ものもあるのです。

宅配のお惣菜の中にも嚥下食対応お惣菜の他、普通のお惣菜や塩分カロリー制限対応のお惣菜もあります。

 

嚥下食対応お惣菜の宅配ものにはやわらかおかずというのが4食分で1セット2720円税込があります。

1食当たり680円

レンジであたためて食べるタイプです。

やわらかおかずの詳細はこちらを参考になさってください。

 

ベネッセパレット

ベネッセパレットはベネッセがやっている介護食宅配です。

歯茎でつぶせるやわらか食があります。

ものによっては飲み込みづらいというレベルの方向けのようです。

かたいもの大きいものがNGで、軟飯から~全粥でだし巻卵や煮魚くらいの方さが良いという方向けです。 

1人用 1食960円週5で4800円です。

冷蔵チルドで届きます。

お届け地域が関東の一部と限定されてます

ベネッセパレット公式サイト

 

生協COOP

生協COOPにも介護食宅配があります。

やわらか普通食のほか、刻み食 ムース食があります。

やわらか普通食だと1日2食5日分で10食おかずのみ5454円、セットで6480円です。

やわらか普通食の1食当たり545円

ムース食 6156円 7128円 

刻み食 同上

地域によって扱いの有無が変わってきますので、直接最寄りの生協COOPにお問い合わせください。

 

あいーと

あいーとは介護食宅配の専門メーカーです。

舌で崩せる柔らかさと見た目の綺麗さが特徴です。

おかずセットは24個で14200円です。

1個当たり591円

1個からでも注文OKです。

オンライン宅配と定期便もあります。 

あいーと公式サイト

 

 

宅食cook123

宅食cook123は宅配介護食の業者です。

普通食のほか、カロリーやたんぱく制限食や嚥下食を扱っています。

普通食は1食が594円税込です。

嚥下食はやわらか食 ムースセット食があります。

おかずのみ777円おかゆ付き820円です※税込

1食単位で注文が出来て昼のみ夜のみなど組み合わせ自由です。

前日夕方18時までに注文をします。

こちらの良いところは、弁当配達時にスタッフさんが安否確認をしてくださるというところです。

送料なし。

年中無休。

※全国にありますが、配達エリアは限られていますから事前チェックが必要です。

詳細は宅食cook123の公式サイトをご覧ください。

 

健康宅配 武蔵野フーズ

健康宅配 武蔵野フーズは、目的別に健康管理食を提供しています。

冷蔵は地域限定されますが冷凍なら全国OKです。

施設でも使ってるメーカーです。

噛む力が弱い方用のやわらか食というのがあります。

4種類から選べて、6食セットで 4082円+送料916円

です。

1食当たり680円

詳細は健康宅配 武蔵野フーズの公式サイトをご覧ください。

 

ナリコマ

ナリコマは家庭用介護食のメーカーです。

普通食のほか介護嚥下食としてはソフト食、ミキサー食、ゼリー食の3種類があります。

行事食にも対応していますね。

3日分4823円、7日分 9523円です。

ナリコマ公式サイト

 

ニチレイフーズダイレクト

ニチレイと言えば冷食で有名ですが、介護食もやっています。

気くばり御膳の中のやわらか御膳が嚥下食に当たります。

1食だと756円  864円があります。

4食セットだと3100円です。

お試し2食せっともあります。2400円です。

ニチレイフーズダイレクト公式サイト

  

ヘルスディッシュ

介護食、医療食を全国に届けてくれます。

種類は多いですね。

やわらか食は6食セットで5335円です。 6~14食で 5335 ~ 11437円です。

定期お届けもあります。

1食当たり889円

ヘルスデニッシュ公式サイト

  

デリキューブ

デリキューブは長崎の会社です。

施設にも個人にもお届けありのメーカーです。

冷凍で届きレンジで解凍して食べられます。

6食で5335円です。

1食当たり889円

お試し(有料です)は何度でも試せます。 

8食 10食 12食 14食と数を好きなように選べます。

不定期に利用したい場合やまず試したい人に向いていると思います。

デリキューブ 公式サイト

 

まとめ

介護食宅配業者ってこんなにあることに驚きました。

やわらか食はほとんどの業者で扱っています。

まだ、取りこぼしている業者があるかもしれません。

 

1食分の価格の安さだけで見ると、

タイヘイ の566円

あいーとの591円

日清食品の629円

ワタミの680円

武蔵野フーズの680円

やわらかダイニングの711円

あたりでしょうか?

 

ワタミのお弁当は過去に注文していたことがあり、父によると「量が少なかった」とのこと。

あいーとはお値打ち価格ですが、食事形態がかなり柔らかいようですので候補から外します。

日清食品 武蔵野フーズ やわらかダイニング あたりで考えていこうかと思います。

 

食べてみないことにはわかりませんから、とりあえず気になるところをお試し注文してみようと思います。

 

www.yuru-kawa.net

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村