ゆるかわ日記

ゆるやかに暮らすアラフィフ主婦のブログ~現在親の介護中ですが自分の生活も楽しみたい~チベット体操と楽しい妄想が日課です♪

大相撲千秋楽/テレビで観ても伝わってくる空気感ハンパない・やっぱりLIVEは凄い

 

ゆるかわ☆です こんにちは。

 

 

令和初の大相撲五月場所が終わりました。

 

急に大相撲に興味を持った私。 

 

大相撲15日間欠かさず毎日観ていると相撲の事もよくわかってきます。

しかも、じいちゃん(父)とテレビの二重解説付きですから。

 

高齢の両親との生活は1日のほとんどが家の中。

ずっと年寄り(親)と暮らしてると好みも年寄りになる?と思っていたが、お相撲ガールだと思えばいいかな。

 

 

令和元年、大相撲5月場所は新しい時代の風を感じたような場所だったかもしれません。  

横綱白鵬の休場・大関貴景勝が途中休場のため、横綱1人・大関1人が不在。

 

 

そんな中、朝乃山が大関豪栄道に勝ち、優勝を決めました。

 

f:id:yurukawa:20190526221312p:plain

右:朝乃山 左:豪栄道

出典 :日本経済新聞

 

今回の朝乃山の優勝は、大相撲歴史に残る優勝となりました。

朝乃山は西前頭8枚目

 

前頭っていうことは小結の下です。 

そこらへんはなんとなくしか、わかっていなかった私

 

 

大相撲の番付 

横綱⇒大関⇒関脇⇒小結⇒前頭

前頭は東西1~ 16枚目まで。

その下が十両。

ここらへんも最近やっと認識した私です

 

朝乃山西前頭8枚目ですから、

まだまだこれからの力士だということがわかります。

 

その前頭の力士が大関に勝って優勝を決めたのです。

しかも12勝2敗という好成績

これは凄いことです。

 

三役経験のない力士の優勝はな、なんと58年ぶりなんですって。

 

三役とは、大関、関脇、小結のこと。

横綱は三役力士には入りません。

 

三役経験が無い力士とは、大関・関脇・小結に一度もなったことがない力士ということです。

 

本当に凄いことなんですね。 

f:id:yurukawa:20190526221157p:plain

:出典:日本経済新聞  

高砂部屋での朝乃山関と親方

 

我が家のじいちゃん(父)解説も

「朝乃山と竜電は将来有望な力士だと思う。好きだし応援している。」

と言っていました。

 

1月場所・3月場所の時から、朝乃山の話をしていた父。

確かに。 

そういうことになりましたね。

 

 

私が抱いた朝乃山関の印象というのは、 

恵まれた体格、

常に平常心でメンタルが強そう、

たまに見せてくれる笑顔が素敵

です。

 

朝乃山関おめでとうございます✨

さらに来場所の朝乃山関の活躍が楽しみです。

 

 

今回の場所では、新入幕力士の活躍・小柄な小兵力士の活躍も注目を集めました。

 

私、イチオシの新入幕の炎鵬関は、

千秋楽で勝てば勝ち越しという、とても大事な一番。 

 

でも痛めている右太ももも心配です。

 

ともに7勝7敗同士の力士。

ここで勝った方は勝ち越し、負けた方が負け越しです。

勝負前の炎鵬関の緊張した様子。

これを見た私の心臓もバクバク。 

 

前頭十四枚目炎鵬VS前頭十一枚目松鳳山  の戦いは共に勝ち越しがかかっています。

大変激しい激しい戦いになりました💦

ほんとに激しい戦いです。YouTubeに動画もあがっているのでご覧になっていただきたいと思います。

残念ながら炎鵬は負けてしまいましたが😢でも最後まで諦めない姿には感動しました。

 

解説の北の富士さんとアナウンサーは

「どっちも勝たせてあげたかったね。ほんとによく頑張ったね。」

「この相撲をトランプ大統領に見て欲しかった。」と話しました。

北の富士さん優しい~~😭

 

この五月場所一番の大歓声だったと思います。

炎鵬関は、この経験を生かして、さらに大きな力士になるんだろうな~と

思うとほんと楽しみです。

 

引き続き、来場所も炎鵬関をガッツリ応援し体と思います✨

 

 

最後に千秋楽の中で一番ハンパない空気感を感じた場面は、

トランプ大統領が両国国技館に登場したときです。

 

相撲は一時中断。

17時近くになり、安倍首相ご夫妻とトランプ大統領ご夫妻が会場に入って来られました。

ピーンと張りつめた空気とともに「うわ~」と大歓声。

首相と大統領が一度に登場され歓声が上がるのは当然です。 

そりゃあそうでしょう!わかります わかります。

 

両国のトップのお2人が一度に登場されたら、それはびっくりどころではありませんよね~。

 

それ以上に私がハンパない!空気感を感じたのは お客さんにです。

観客がほとんど全員立ち上がって、スマホで撮影し始める光景。

これが結構長かったのです。テレビのCMか何かを見ているようでした。

スマホ・・・スマホ・・・スマホ・・・

写真?動画撮影?

これはテレビで見ていても不思議な光景で迫力ありましたよ~!!

LIVEですから、自分もそこにいるような気持ちになりました。

 

LIVEって凄いわ~。

こんなに伝わってくるなら東京オリンピックもテレビで十分だなと感じてしまいました。

やっぱLIVEはハンパない!

 

お読み下さりありがとうございました。